トランジション

サッカーを言葉で表現すると「1つのボールでゴールを奪いあう競技」と良く言われ、また、「強いチームが勝つのではなく勝ったチームが強いのだ」と言われます。

「上手いチームが強いのではなく強いチームが上手い」のも同義語になるかと思います。

上手さを競ってるのではなく、強さを競ってるといっても過言ではないでしょう。

そして、ゴールが生まれるのは、ミスが発端となったものと、ボールを奪ってから15秒以内=相手の守備陣形が整う前に攻めの先手を打ちフィニッシュまで持っていけたとき、そしてCK、FK、ストーインなどのセットプレーがほとんどとなります。

ミスは限りなく少なくしたいものですがミスのないゲームなんてありませんし、セットプレーのないゲームもありません。

それを前提に自分たちの意思だけで可能な限り無くすことができ、意識だけで多くを生み出すことができるのは、ボールを奪ってからの攻撃の速さと、ボールを奪われてからの守備の速さ。

切り替えというやつです。

逆に言えば、強さを競っている競技である以上、切り替えの部分の速さを競うことは大前提なのです。

では、切り替えを速くするにはどうしたらいいのでしょうか?

プレーを切りわけなければ(プレーを持続させれば)良いのです。

更に言えば、攻撃時はボールを奪われたときの守備のことを想定し、守備時はボールを奪った後の攻撃を考えく必要があります。

今日、中学生に「守備の1手目は攻撃している選手。攻撃の1手目は守備をしている選手なんだよ。」と伝えました。

表裏一体ってやつですね。

お子さんのプレーを観るとき、上手いかどうかではなく、強さの一員になっているかどうか=切り替えを速くしているかどうかを観ると、その活躍をまた違った角度から観ることができるかと思います。

 

関連記事

㈱井上商事㈱井上商店オーガニックハウス山口中央㈲小野養豚北浦うぇぶ㈱拵㈲須佐自動車べんとうのたむら㈲マシヤマ印刷㈲石川自動車内八エヌティーエー大久保裕元税理士事務所㈲おおしまペイント㈱建築工房月見川C&C水建住の江保育園田中建設株式会社豊田鋼機株式会社なかぞの鍼灸接骨院㈱西日本設備サービス西日本総合設備設計萩宇部生コン㈲萩事務機センター波多野建設株式会社㈲波多野住建㈱柚子屋本店㈲吉崎組あんの建装岩川旗店俥宿 天十平光洋写真舘サンパルコNAGACHARI山根建築

PAGE TOP