寸足らずの毛布

「サッカーは寸足らずの毛布だ。足下にかければ上半身が寒い、頭からかぶると足が出る」

これは1950年代にブラジル代表で活躍したジジという選手の言葉です。

動く迷路の壁の厚さ」の話と同じ理由です。

1手を打つにあたり、必ずウィークポイントが生まれてしまう。これもまた表裏一体なんですよね。

「サッカーにはインテリジェンスが必要だ」とも良く言われます。

「寸足らずの毛布」だからこそ、迷路攻略にインテリジェンスは有効なのです。

では、サッカーにおけるインテリジェンスとは何なのか?

言語化すると「押して駄目なら引いてみろ」であったり「遅出しじゃんけん」なんだと思います。

ついつい、斬鉄剣を作えるプレーヤーを求めたくなりますが、斬鉄剣にも切れないものはいっぱいあるってわけです。

「押して駄目なら引いてみろ」の思考のもと「遅出しジャンケン」のスキルと出し続ける集中力と体力があることが、サッカー選手に求められることかもしれません。

近年では、「出さんと負けよ」でのジャンケンの手を出すスピードがかなり速くなっているようですけどね…

関連記事

㈲小野養豚北浦うぇぶ㈲須佐自動車べんとうのたむら㈲マシヤマ印刷内八エヌティーエー㈲おおしまペイント㈱建築工房月見川C&C住の江保育園田中建設株式会社豊田鋼機株式会社なかぞの鍼灸接骨院㈱西日本設備サービス西日本総合設備設計萩宇部生コン㈱柚子屋本店㈲吉崎組あんの建装岩川旗店俥宿 天十平光洋写真舘サンパルコ山根建築

PAGE TOP